FC2ブログ
このサイトは18歳未満の方は参照できないコンテンツになっております。
年齢認証:あなたは18歳以上ですか?   はい  /  いいえ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ/

小林恵美を奴隷に

1: 13:2005/04/19(火) 20:47:47 ID:

http://blog-imgs-59.fc2.com/v/a/l/valafar/chjmjwus_wbr.jpg
両手を縛り上げて顔や体を舐め回す
クンニで恵美が自分から求め出したら、アナルへ挿入
「そこじゃ、ない、あっ、あっ、あぁぁ~」
アイドルのプライドをこき下ろされながらもイッテしまう恵美を堪能する
4: 名無し調教中。:2005/04/20(水) 10:14:55 ID:

ビールをアナルに注入
腹をぐるぐるさせながらトイレ行きを哀願する小林恵美を腹を押し付けたい
無様にもその場で漏らしてしまった小林をさんざん言葉攻めしてから、
素手で後始末させてプライドぼろぼろにして奴隷教育
14: 名無し調教中。:2005/04/25(月) 15:46:16 ID:

小林恵美を後ろ手に縛り上げ、左足を縛って一本足さかさづり。
ぺしぺしむち打ちしたあとさかさづりのまま口にペニスを
突っ込んで中にだす。
次に恵美の下に水をはった水槽を持ってきて、
精液にむせ返ってるまま今度は頭だけ水槽につける。
もがき苦しむ恵美。
失神寸前で引き上げて、ベッドに寝かせてあんよをM字に開かせ
首をきゅーっと締め上げながら、ペニスを差し込んで何回も出し入れ
したあと中に精液たっぷり中だし。
39: 名無し調教中。:2005/05/11(水) 14:23:34 ID:

恵美は四つん這いのまま口だけで三人前の弁当を食べた。
食事の時間が屈辱の時間として過ぎていった。
全裸で四つん這い、そして口だけで犬食い・・・
このふたつは恵美を“犬”として調教していく上で十分な効果があった。
もちろん全裸に赤い首輪、黒いピンヒールのパンプスのみの恰好で。
食べるものを食べれば当然、排泄がしたくなる。これは自然の摂理だった。
恵美は四つん這いまま、耐えていたがやがて限界がきた。
「うっ・・・」思わず理沙の口から声が洩れた。
「どうしたの?」
「トイレに・・・ 行かせてください・・・」
「トイレ? 今度はどっち? 大きい方?」
恵美は黙って頷いた。
「じゃあ、これ」根本は洗面器を恵美の前に差し出した。
「こんな・・・ あんまりです・・・ お願い・・・ ちゃんとトイレに行かせて・・・ 」
恵美は必死に頼んだが、根本は笑って恵美の必死な表情を楽しんだ。
「くううっ・・・」耐えに耐えていた恵美だったがついに限界がきた。
「あああっー!」悲鳴を上げると同時に洗面器にまたがり情けない排泄音を立て
洗面器に汚物が排泄された。それと同時に耐えられない悪臭が部屋中に広がった。
「ああっ・・・」恵美はあまりの屈辱に放心状態となった。
「部屋が臭くなるでしょ。すぐに始末しなさい。 残らず食べるのよ。」
「そんな・・・ それだけは許して・・・」恵美は根本の信じられない言葉に愕然とした。
「じゃあ舐めるだけでもいいわ。舌で少し舐めるだけでいいから。」
それだけでも、とても出来ることではなかったが食べるよりはマシだと思い恵美は
自分の排泄したものに、そっと舌をつけた。あまりの屈辱に涙が出た。
その時だった。根本が恵美の頭を洗面器の中に思い切り踏みつけたのだった。
糞まみれになった顔に、グラビアアイドル小林恵美の華やぎはなく、哀れな奴隷でしかなかった
77: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:27:34 ID:

「いい身体だ。フフフ。彼氏一人のものにしておくのは
もったいねえや。ムチムチの乳と尻をしやがってよ」
毎日のように渋谷駅から青山までの道をつけ回していた男が
耳元で囁くいやらしい言葉に、恵美はキッと野田を睨んだ。
「もう私につきまとわないで」
「何言ってるんだ。この写真を見ろ」
たちまち恵美の顔色が変わった。大学のトイレで撮られた盗撮写真には、
彼氏にも見せたことのない恥ずかしい姿が写っていた。
「ゆ、許せない……言うことを聞けば、写真は返してくれるんですか?」
しぶしぶついて行った恵美の眼前には信じられない光景が広がっていた。
8畳ほどの部屋の中は一面タイル張りで、
隅に置かれている台には恵美が見たことのない道具が置かれていた。
78: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:28:11 ID:

ピンクのキャミソール1枚に白いホットパンツという薄着の恵美の肌は
とめどもなく悪寒が走って、じっとりと冷や汗をかきガタガタと震えた。
ねっとりと野田の視線が二の腕から足首まで、全身を舐め回してくる。
野田はホットパンツを少しずり下げると、ヒンヤリして、
ピッタリと手に吸いついてくるような柔らかな尻肉をつかむ。
その奥には夢にまで見た恵美の肛門が可愛らしくすぼまっていた。
「よし、うちの事務所に来てもらう前に、まずは検便だ」
「そ、そんなバカなことはやめて!」
恵美の叫びは泣き声にしかならなかった。
耳掻きを巨大化させた検便棒の硬質な感触が恵美の菊門を襲った。
「いや……ああ、もう、やめて……取って! 取ってぇー!」
恵美の純白の身体はたちまち玉のような脂汗にまみれた。
自慢のストレートの黒髪は汗で縮れて額と頬にベットリと張り付き、
首筋、二の腕と、ふだんはあまり汗をかかない所までぬめ光った。
キャミソールも噴き出した汗で赤く水玉状に変色していく。
大量の脂汗による輝きが恵美の長い手足の美しさを際立たせた。
最初はスッと入っていった検便棒も、いつしかクチャクチャと音を立てた。
「気持ちいいんだろう、恵美」
79: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:28:53 ID:

野田はじっくりと恵美を泣かせ、うめかせ、悩乱させてから
ようやく20cm近く埋め込まれ腸の粘液にまみれた検便棒を引き抜いた。
「フフフ……ほれ、恵美のウンチが採れたぜ。健康的でいい色をしてる」
「いやーッ! 狂ってるわ。そんなことして、どうするんですか」
「アイドルになる人が、こんなものを腹の中に溜めていては困る。
腹の中まで綺麗でなきゃいけない。浣腸してやったほうがいいようだな」
「いやッ! いやーッ! やめて! けだもの!」
野田はゾクゾクと嗜虐の快美に酔いしれた。いよいよ、獲得を目指すべく
思い焦がれてきた小林恵美に念願の浣腸をしてやれるのだ。
「おれは、この数年間ずっと恵美に浣腸することばかり考えてたんだ。
恵美のような美しい女子大生が、無理やり浣腸されて泣きじゃくり、
みじめにウンチを垂れ流す。これほどおもしろいことはない」
「そ、そんな変態は嫌です。そんなことしてまで芸能界になんて
行きたくありません。バカなこと言わないで!」
「強がっているのも今のうち。浣腸の恥ずかしさをたっぷり思い知れば、
恵美はおれから絶対離れられなくなる。今日はその記念日だ」
野田は2リットル入り浣腸器の嘴管の先を恵美の菊門に突き立てた。
80: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:29:26 ID:

恵美はつんざくような悲鳴を上げ、はじけるように双臀をよじる。
黒髪も振り立てて大きな瞳を見開き、美貌を大きくのけぞらせ、
ブルブルとホットパンツのまとわりついた下半身を震わせた。
たちまち総身に噴き出す脂汗でキャミソールは完全に濡れそぼち、
赤く変色して生クリームのような白肌にベットリと張りついた。
こらえてもこらえても、二の腕からふくらはぎにかけて汗が噴き出し続ける。
「はじめは嫌でも、そのうちたまらなくなってくるぜ。
しのぶも、れいこも、あきこも、みんなそうだった。
とくに今までにない美しい身体をした恵美ならなおさらだ」
「こ、こんなのいやあ……お、お腹が熱い、熱いよお。
あ、あんッ、もう入れないで! 熱い、熱い……」
「じっくり味わうんだ。薬が腹の中に流れ込むのがよくわかるだろう」
「……もう、しないで。これ以上は、ああ、たまらないわ……」
「まだ500ccしか入ってないぜ。2000cc一滴残らず飲むんだよ」
野田は残りの濃グリセリン1500ccを一気に注ぎ込んだ。
「いやあああああ! お腹が、お腹が……カハッ……」
恵美はアクメに達したような声を上げ、ググッと細身をのけぞらせた。
81: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:33:29 ID:

恵美は噛み締めた唇をワナワナと震わせて、小さく嗚咽していた。
両目を固く閉ざし、時折口を開いてハァハァと熱い吐息を吐き出す。
真っ赤に上気した肌からは脂汗がねっとりと流れ落ちた。
すでに濡れそぼつキャミソールは吸汗力の限界を超え、
恵美の身体の一部のようにベットリと張り付いていた。
浣腸の時にはずり下げられていた白いホットパンツは、
なぜか野田の手で元の位置に戻されていた。
「うッ、うッ、こんなことするなんて、悪魔だわ……ハッ、ハッ」
注入された2000ccの濃グリセリンは強烈な便意となって
恵美の全身を責め苛んだ。それが浣腸されたわが身を感じさせ、
生まれてこのかた感じたことがなかった屈辱と羞恥を増幅する。
「ああ、くやしい……お願いします。せめて、おトイレに……」
「心配するな。この部屋は浣腸ルームだから床はタイル張りだ。
そのまま垂れ流しても、いっこうに構わない」
「ううッ……このままでなんて、そんなこと……死んでもできない……」
「おれは見たいんだよ。気位の高いお嬢様、小林恵美が
浣腸されてウンチをブリブリ垂れ流すところを。そろそろ漏れるはずだぜ」
括約筋が強いのか、なかなか排便しない恵美に業を煮やした野田は、
ホットパンツの背の所から手を入れて菊門に指を突き立て、
指先を曲げ気味にして便意に苛まれて痙攣する腸壁をまさぐった。
82: 名無し調教中。:2005/10/12(水) 01:34:40 ID:

「ウンチがしたくなったら言うんだぜ。恵美。
おれがやさしくほじくり出してやるから」
「そ、そんなの嫌です。自分で出します……出しますから
ああッ、ああッ、出し入れしないで! 揺らさないで! あああああ」
野田が指を菊門から引き抜いたとき、破局の瞬間を迎えた。
「……ウ、ウンチをさせてください……お願いします」
「よしよし、小林恵美の尻の穴、と言ってみな。恵美」
「……こ、小林……恵美の……尻の……あッ、あああああああ」
白いホットパンツの尻の部分はたちまち茶褐色に変色し、
徐々にモリモリと盛り上がっていった。
そして、ホットパンツの中に収まりきらなかった灼熱の流動物は、
汗にまみれた太腿とふくらはぎを伝ってタイルに流れ落ちた。
小刻みに痙攣しうねうねと出てくる軟便を押し出すホットパンツの裾。
それがまばゆいばかりの美女・小林恵美ゆえに、
艶かしく、そして妖美な光景をつくりあげていた。
濡れた黒髪をつかんで覗き込んだ恵美の顔は汗と涙にまみれて、
まるで初産を終えたばかりの若妻のようであった。
そんな恵美がたまらなく愛らしく見えた野田は、唇を吸い、
恵美の唾液をジュルジュルと啜りとった。
「小林恵美、これで、おまえはおれの事務所の戦力だ……」
396: 名無し調教中。:2013/02/20(水) 04:18:44.55 ID:

確かに縛り上げたくなるねw

http://blog-imgs-59.fc2.com/v/a/l/valafar/b3tm3ms4_oys.jpg
http://blog-imgs-59.fc2.com/v/a/l/valafar/zmjgd5km_g5q.jpg
http://imagepost2.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
関連記事
RSS twitter Buzzurl Google Bookmarks delicious はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

最新 エロ と 金儲け 情報 配信中

厳選6サイト 感動の動画から出会いまで

  • アダルト動画
  • ロリのサンプル動画が見放題!
  • 素人動画
  • KMP チャンネル
  • アリスJAPAN.ch
  • 大人のおもちゃ通販

素人女性調教











SM厳選ビデオ

ランキング

特選情報

素人動画

動画サイト

DTI加盟サイト安全なアダルト動画。動画サイトで不安が起きないようにセレクトしたサイトです皆さんがいっぱいヌケる、絶対にお得なので皆さんも加盟しませんか!


下記の10サイトはDTI加盟サイト


●カリビアンコム


●カリビアンコムプレミアム


●1本道


●エロックスジャパンZ


●JGIRL PARADISE


●くり~むれもん


出会えるサイト

無修正アニメ

ランキング

adultblogranking_banner_b.gif



プロフィール

ヴァルハラ

Author:ヴァルハラ
■性別 : 男
■嗜好 : SもMもプレイ
■住居 : 大阪
■結婚 : 未婚

厳選情報


人気動画

素人女性を今すぐ調教できる



PREMIUM LINK

LINK

出会い系で奴隷をゲット

菜穂との出会いワクワクメール。
小悪魔アゲハ・egg・Happie等の有名な女性誌に広告を多数掲載

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
7494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
321位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

画像付き新着RSS表示君横

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。